結婚後上海→NY→日本 生存確認系。 主観。


by watakari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レイレイ

タヒチに行かれたことのある方ならご存知かと思いますが、タヒチには「レイレイ」と呼ばれる女性化した男性が非常に多いです。

彼らの外見は、しっかり化粧をして長い髪をなびかせている人からむきむきのマッチョまで様々ですが、動作やしぐさは女性以上に女性らしい感じで、私たちの目はくぎ付けです。

私たちの泊まったホテルにいたスタッフの男性もほぼ100%に近く「ウッフン」という光線を放ちつつ、非常に良く働き、何か尋ねた時も優しく触れながら「んー?なぁに?うふ*」という感じで優しく答えてくれます。

しかし、なぜこんなにレイレイの人が多いのでしょうか。

夫の考えでは、現実にはどこの国にも実はこのくらいの割合で女性化した男性がいるけれど、そのカミングアウトが社会的に認められているかどうかで、表面化する割合が違うだけじゃないか、とのことです。うーむ。

タヒチ社会では、家族のうち子供が男の子だけの場合、末っ子を女の子として育てたりする風習が残っているとも伝えられ、レイレイを多く生む伝統があるようです。
しかも彼らの物腰の柔らかさなどから、サービス業では重宝されているということで、偏見どころかwelcome精神で受け入れている社会であることが感じられました。

日本でも人々に受け入れる体制ができたら、これくらいの割合を目の当たりにすることができるのでしょうか。。でも、私も、ホテルやレストランなどのサービス業には彼らのように動作やしぐさの柔らかな人が適任だと思います。
[PR]
by watakari | 2005-02-16 14:42 | 考え